本文へスキップ

「業種や職種を軸に、労働者を広く結集し、業界を相手に労働条件の向上を求めていく運動」を研究。

  




 
  ❖本ページの:CONTENTS


221227:  「新型コロナ禍の非正規労働者の抵抗とその基礎 飲食産業における諸困難と抵抗」
(栗原耕平:専修大学大学院博士後期課程)◇(『特集 コロナが暴く支配と抑圧 
唯物論研究会年誌26号』、2021年10月号、大月書店)

221227:  「回転寿司」と闘ったアルバイト男性が笑顔のワケ 高校時代の担任教師との出会いが
大きかった」(藤田 和恵 : ジャーナリスト、◇「東洋経済 ONLINE」:
2022年12月25日(日))




▽飲食店ユニオンホームページへ(下をクリックして)


 
    

▽首都圏青年ユニオンホームページへ(下をクリックして)




▽twitterで発信しています(下をクックして)






   ▽「業種別・職種別ユニオン運動」研究会のページへ
  
   ◆UP(2025.12.25)◆
  「新型コロナ禍の非正規労働者の抵抗とその基礎」
    飲食産業における諸困難と抵抗  栗原耕平(専修大学大学院博士後期課程) 
    ◇(『特集 コロナが暴く支配と抑圧 唯物論研究会年誌26号』、2021年10月号、大月書店)


   



  



飲食産業においては、首都圏青年ユニオンが二〇二〇年三月に設置したした飲食業分会・「飲食店ユニオン」が、非正規労働者の職場集団を基礎としながら、いくつかの困難への抵抗運動を組織化していた。

◇首都圏青年ユニオンの組織化の今。
▽2021年10月





    ▽目 次


 1 新型コロナ禍における非正規労働者の困難
  (1)シフト制労働者の補償なし休業
  (2)職場における感染リスク
 2 新型コロナ禍における困難の歴史的前提
   ――一九九〇年代以降の飲食産業における非正規労働者の増加とその内実
 3 飲食店非正規労働者の抵抗とその基礎
  (1)カフェAの労働者構成
  (2)飲食店現業労働者の労働過程――個別作業とその管理様式
    ①カフェAにおける個別作業とその管理様式
    ②カフェAの労働過程の類型
  (3)カフェAの統制様式――店長とパート・アルバイトの関係
    ①雇用関係における統制の不在
    ②シフト調整権を通じた統制
    ③店長による統制の限界
    ④職場のパート・アルバイト集団
  (4)小括
 おわりに
 


    
▽以下のPDFで全文が読めます。
    



◆UP(2025.12.25)◆




  △クリックしてfacebookのページへ。






  「回転寿司」と闘ったアルバイト男性が笑顔のワケ
    高校時代の担任教師との出会いが大きかった 藤田 和恵(ジャーナリスト) 

◇「東洋経済 ONLINE」:2022年12月25日(日)

   

  






    ▽目 次


 「回転寿司」と闘ったアルバイト男性が笑顔のワケ――《ボクらは「貧困強制社会」を生きている》
高校時代の担任教師との出会いが大きかった
             藤田 和恵 : ジャーナリスト

 回転寿司で決められた「手洗いの作法」
 5分未満の労働時間が切り捨てられていた
 生活に影響する「強引な残業」
 高校時代の担任教師との出会い
 ネット上の反応に対して…
 
     ▽本連載「ボクらは『貧困強制社会』を生きている」では生活苦でお悩みの男性の方からの情報・相談をお待ちしております(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらのフォームにご記入ください。
     藤田 和恵さんの最新公開記事をメールで受け取る(著者フォロー)

     
▼下をクリックして全文をお読みください。
   







  
        

   ⁂「業種別職種別ユニオン運動」研究会のページへ



 
       
  

  
   
      
   



 


編集人:飯島信吾
ブログ:ある編集者のブログ
企画・制作:インターネット事業団のホームページ
      現代労働組合研究会のホームページ
      インターネット事業団(本メールにご連絡ください)

UP 2022年12月25日
更新 2022年12月25日